ストイッククラブ

一般的な栄養学をベースに日々の生活の中で取り入れるべきものと避けていくべきものをブログにしています。

【重要】これからのプロテイン飲料はコレ!

 

みなさん、こんにちはヽ(・∀・)ノ

 

ストイッククラブのゴッティですヽ(*´∀`)ノ

 

いつもブログをご覧になって頂きありがとうございます。

 

先日のブログにて、プロテインのお話をさせて頂きました。

 

 

市販で売られているホエイのプロテイン飲料は乳糖不耐症人工甘味料などの添加物などを理由にオススメはしませんと言った内容だったのですが、ではどういうプロテインであればいいのか?ということで今日はお話をさせて頂こうと思います。

 

f:id:gotty131:20190904234429j:plain

│タンパク質は食物から摂るのがベスト

 

 

本来であれば、タンパク質は大豆などで食事から摂取するのが望ましいとされています。それは、プロテインサプリメントは一度固形化してしまっている為に、肝臓で一度体内に吸収されやすいように水溶性のものに変換させないと上手く体内に吸収されない為、既製品のプロテイン身体の栄養にするにはどうしても一手間かかってしまうというのが現実です。肝臓に負担をかけないためにも、プロテイン飲料は飽くまで補助的な役割として考えて頂ければと思います。

 

 

ヘンププロテインのオススメ

 

 

ヘンププロテインは麻の実を砕いた、植物由来のプロテイン飲料になります。麻の実を使用しているのですが、この実というのは種なのでビタミンミネラルが豊富に含まれています。タンパク質に限った話ではないのですが、栄養というものは摂取するだけでは意味がなく、分解されて体内に吸収されないと意味がありません

 

 

タンパク質は体内に吸収する為に、酵素を使って分解していくのですが、この酵素はビタミンやミネラルがないと機能することができないのでヘンププロテインにはビタミンやミネラルも多く含まれる分、ホエイプロテインを飲むよりはかなりタンパク質の摂取効率が良いとされているのです。

 

 

 

ヘンププロテインのその他のメリット

 

 

ヘンププロテインはタンパク質の摂取や吸収のみならず、その他にもメリットがあります。まず、食物繊維が豊富に含まれていおり腸内環境を整えてくれるので、便秘の解消にもなりますし、また食物繊維にには血糖値を一定に保つという働きもあります。

ヘンプというのは元々木の実なので血糖値が上昇しにくく、食欲を湧かせにくいという効果もあるのです。

 

 

次にヘンプに含まれるミネラルの詳細を述べると、亜鉛マグネシウムと言ったものが含まれています。亜鉛は身体の冷えというものの改善に効果的でダイエットにも良いとされています。マグネシウムは筋肉の緊張を解く効果があるので、肩こりや筋肉痛に、鉄は貧血の予防に効果があります。

 

 

また、ヘンプには現代人が不足しがちなオメガ3脂肪酸が多く含まれています。

オメガ3脂肪酸が不足してしまうと炎症体質になってしまうので、アレルギーになってしまったり、不妊認知症の原因にもなってしまいます。オメガ3の記事はこちら↓

 

www.stoicclub131.com

 

また、よく聞く大豆由来のソイプロテインはどうなの?という声もよく聞きますが、ソイプロテインの大豆は発酵していない大豆を使用しているので、冷えの原因になってしまいますし、市販の大豆プロテインにも香料や人工甘味料などの添加物が多く含まれているものもあるので注意が必要だとされています。

 

はい、という訳で今回はヘンププロテインの魅力についてお話をさせて頂きました。

現在、ホエイプロテインを飲まれている方で、添加物等が気になってしまう方は是非一度ヘンププロテインを試してみてくださいね。

 

では次回の更新でお会いしましょうヽ(*´∀`)ノ

 

今日からはじめる秋の花粉症対策

 

みなさん、こんにちはヽ(*´∀`)ノ

 

ゴッティですヽ(・∀・)ノ

 

いつもブログをご覧になって頂き誠にありがとうございます。

 

 

本日は今日から始める秋の花粉症対策ということでお話をさせていただこうと思います。

 

 

春のスギ花粉とヒノキ花粉、そしてこれからの秋と言えばブタクサの花粉で悩まされてしまう方も多いのではないでしょうか?

 

 

ブタクサが原因の花粉症も春のスギやヒノキの花粉症と同様に鼻水、くしゃみ、鼻づまりなどの諸症状があるそうですが、人によっては鼻や目の症状よりも喉の症状が出る方もいるそうです。

 

 

皆さんは、花粉症対策はどの様にされていますか?

 

 

マスク、うがい、手洗い、あるいは薬を飲まれて対策をされている方もいらっしゃると思います。

 

しかしながら、これらの方法は飽くまで対症療法に過ぎないので、今回は根本的に花粉症を解決して行く方法をご紹介していこうと思います。

 

 

f:id:gotty131:20190902223451j:plain

 

ファスティングや1日1食などの減食をおこなう

 

 

現代人は1日3食が習慣づいてしまっているため、食物によって胃や腸が渋滞を起こしてしまっている状態です。身体は食物の消化にばかりにエネルギをー使用する為、代謝に対してエネルギーを使うことが出来なくなってしまい、花粉が体内に侵入しても上手く排出することができずに、クシャミや鼻水となって出てきてしまうのです。これが花粉症の一因だと言われています。

 

 

また1日3食をしていると腸管が傷だらけになってしまい、その傷口から未消化のタンパク質や花粉が入り込んでしまうと免疫が暴走してしまう為、アレルギー症状として現れてしまうと言われています。これはリーキガット症候群と呼ばれており、花粉症のみならずその他の病気の原因になるとも言われています。参考記事はこちら↓

 

www.stoicclub131.com

 

 

 

花粉症も勿論なのですが通年性の鼻炎で悩まれている方も、一度薬に頼るのを止めて、1日1食などの減食をされてみて、一度腸管の修復をすことをオススメします。

減食をすると道路で言うところの渋滞が解消されるので、傷んだ箇所を修復することができます。腸内の傷を修復することができれば、花粉が腸内に入り込むことも少なくなる分、花粉症のアレルギー症状で悩まされることも減るのではないでしょうか?

 

 

ちなみに僕、ゴッティは1日1食を始めてから、通年性の鼻炎は解消し、花粉症もほとんど出なくなりました。

 

 

 

│消化に悪いものをしばらく食べない

 

 

食べ過ぎも花粉症の原因なのですが、過食にプラスして現代人は消化しにくいものを食べ過ぎているために、その食物の消化に時間がかかってしまう分、腸内環境が悪化してしまい、その結果として花粉症になっているとも言われています。

 

 

特に以下のものは消化に悪いとされているので、花粉症でお悩みの方は減食にプラスして以下のものを2~3週間程度意識して避けるようにすれば花粉症は解消すると言われています。

 

 

  • 小麦製品(パン、パスタ、うどん、ラーメン)
  • 乳製品(牛乳、チーズ、バター)
  • トランス脂肪酸を含む製品(市販のサラダ油、マーガリン、マヨネーズ)

 

 

もちろん、これらのものもリーキガット症候群の原因になると言われています。

花粉症の時期だけとは言わずに、極力日常から避けていくことが出来れば、病気になりにくいと考えられます。

 

 

│花粉症を根本的に解決しよう

 

確かに、花粉症というのは花粉が原因かも知れませんが、その花粉症の症状を薬で抑えてしまうというのは、体内から毒を出そうとする身体の排毒行為にストップをかけてしまうことになるのです。

 

 

花粉症に限った話ではないのですが、全ての病気は根本的な原因にアプローチをしていかないと根治はしません。薬などの対症療法は都合の悪いものに蓋をして見えないふりをしていることと同じなのです。そのツケはいずれあなたに大きく降りかかってきます。

 

 

これからの人生で大きな病気にかからない為にも、薬ばかりに頼るのを止めて、1日1食などを実践し、消化に悪いものを避けて自己免疫力を高め、まずは花粉症にかからない身体づくりをしていくように心がけていきましょう。

 

 

はい、と言うわけで今回は今日から始める秋の花粉症対策ということでお話をさせていただきました。

 

 

また次回の更新でお会いしましょうヽ(・∀・)ノ

 

【スポーツの秋】あなたの飲んでいるプロテインは大丈夫?

 

みなさん、こんにちはヽ(・∀・)ノ

 

ゴッティですヽ(*´∀`)ノ

 

いつもブログをご覧になって頂きありがとうございます。

 

 

気温も徐々に涼しくなり、秋が近づいてきましたね。スポーツの秋とも言いますが、皆さんは、日頃から運動されていますか?

 

 

今日は運動されている方なら一度は耳や口にしたことがあるプロテインについてお話をさせて頂こうと思います。

 

 

f:id:gotty131:20190902193836j:plain

│市販のプロテインをオススメしない理由

 

 

運動好きな皆さんであれば、ドラッグストアジムなどで販売されているプロテイン飲料を一度は目にされたことがことがあると思います。粉末になっているものを牛乳や水で溶いて、かき混ぜて飲まれたことがある方も実際にはいらっしゃるとは思いますが、個人的にはあの市販のプロテインに関してはオススメしません。それには以下の2つの理由があります。

 

 

①日本人には乳糖不耐症の人が多い

 

 

プロテインの入っている袋を見て頂くと、よくカタカナで【ホエイ】や英語で【WHEY】と書かれていることにお気づきになることが出来ると思います。このホエイパウダーとは動物性タンパク質で乳製品由来のものなのですが、僕たち日本人は乳糖不耐症の人が多いので、乳製品由来のものからタンパク質を摂るというのはそもそも非常に不向きだと言われています。

 

 

さらにこのホエイパウダーを牛乳で溶かして飲んでしまうと、さらに乳糖不耐症の方にとっては悪く、体内に上手く吸収されないどころか、人によっては下痢などの諸症状を引き起こし、飲んでも全く意味がないと言う結果になる可能性もあるのです。

 

 

また、ホエイプロテインの中にはカゼインたんぱくが配合されているものもあり、カゼインたんぱくは消化しづらく、腸内環境を破壊する可能性があると言われています。

腸内環境が悪くなってしまうと、ガンなどの様々な病気を招くとされているので、ホエイプロテインが合わない方は無理して飲まないことが望ましいと言えるでしょう。

 

 

そもそも、タンパク質は酵素によって分解されて体内に吸収されていくのですが、この酵素というものはビタミンやミネラルを併せて摂らないと上手く機能しないので、筋肉質になりたいからと言ってただひたすらにタンパク質だけを摂取することはあまり意味がないことなのです。

 

 

 

②市販のプロテイン飲料には添加物がいっぱい

 

 

市販されているプロテイン飲料の裏面にある成分表示をご覧になって頂くと、表記されているのですが、プロテインというのは基本的に味気なく非常に飲みにくい為、美味しく飲みやすいように人工甘味料を加えているのが現状です。市販のプロテインに含有されている成分表をみてみると、

 

 

 

 

などが入っていることが確認できます。

 

 

この成分表示を見るだけでも、健康になる為の飲料とは考えにくく、むしろ肥満や病気などの原因になることもあるでしょう。消費者の健康のことを真面目に考えてくれているのであればせめて、ホエイであっても無添加人工甘味料がないものを販売するべきです。ただ、本当に良いプロテインは中々店頭では売っていないので、インターネットなどでご自身で調べて購入するのがベストだと思います。

 

 

 どうしてもプロテインを飲みたいという方や、無添加や自然由来のプロテインが知りたいという方は、是非一度大豆プロテインヘンププロテインを試して頂ければと思います。

 

 

ヘンププロテイン由来のプロテインなので乳糖不耐症の方にも問題なく使用していただけますので、気になる方はネットで一度検索されてみてくださいね。

 

 

はい、という訳で今回は【スポーツの秋】あなたの飲んでいるプロテインは大丈夫?ということでお話をさせて頂きました。

 

では、また次回の更新でお会いしましょうヽ(*´∀`)ノ

 

睡眠の質を上げて人生を豊かにしよう

 

みなさん、こんにちはヽ(*´∀`)ノ

 

ゴッティです(*゚▽゚*)いつもブログをご覧頂きありがとうございますヽ(*´∀`)ノ

 

今日は睡眠の質を上げて人生を豊かにしようというテーマでお話をさせていただこうと思いますので、よかったら最後までご覧になってくださいねヽ(・∀・)ノ

 

 

f:id:gotty131:20190830234039j:plain

│睡眠の質を上げよう

 

 

よく耳にする言葉かも知れませんが、僕たちは人生の3分の1を睡眠に当てていると言われています。この睡眠をないがしろにすると残りの3分の2の人生のクオリティが下がってしまう可能性があるので、しっかりと質の高い睡眠をとり、人生を豊かにしていきましょう。

 

 

│睡眠に関わる2つのホルモン

 

僕たちの身体は寝ている間に身体を休めることも勿論ですが、記憶力の整理などもおこなっています。睡眠の質が下がってしまうと代謝が上手く出来なくなったり、神経伝達が上手くいかずにホルモンバランスが乱れて肥満やうつ病の原因にもなると言われています。

 

 

僕たちの身体は通常、夜眠くなり、朝になったら元気になるというサイクルで生活をしていますが、これには2つのホルモンが関わっているとされています。

朝起きてから身体を動かす為に分泌されるホルモンはコルチゾールと呼ばれ、これは別名ストレスホルモンとも呼ばれています。コルチゾールは身体を動かすために必要なホルモンではありますが、時間が経過して夜になってくると分泌量が下がってきます。

 

 

その代わりに、夜になると身体を休めるためにメラトニンが分泌されてきます。

メラトニンは身体をリラックスさせたり、身体を休息モードにするホルモンでこのホルモンの分泌量が増えると眠たくなると言われています。

 

 

朝起きて、夜寝るという規則正しい生活を送られている方は問題ないのですが、夜勤で夜遅くまで働かれている方や夜更しをよくされる方は、身体を休めようとする時に起きているということになるので、コルチゾールメラトニンの分泌のリズムが狂ってしまうのです。特にコルチゾールは、乱れると身体の全てが狂ってしまうようなホルモンで、肥満、二型糖尿病、心臓病、認知機能の低下、免疫不全、感情のコントロール不能などの症状を引き起こしてしまいます。

 

 

 

│質のよい睡眠を取るための具体的な方法

 

仕事柄、夜遅くまで勤務をされるということであれば、仕方がないことかも知れませんが、ただ単に無駄に夜更しをしているのであれば、その習慣は改めたほうが身体的には理想的です。今日は最後に質の良い睡眠を取るための方法をご紹介しますので、参考にされてみてくださいね。

 

 

①睡眠パターンを整える

 

睡眠のリズムを整える為にも、就寝をパターン化し出来るだけ同じ時間に寝る習慣を身につけるようにしましょう。ちなみに、ベストな就寝時間は22時~23時と言われています。

 

 

スマホなどの電子機器を寝る前に使用しない

 

ご存知の方も多いかと思いますが、スマホなどの電子機器はブルーライトというものを発しています。このブルーライトメラトニンの分泌を減らしてしまうという特徴があるために眠くなりにくくなるという症状が起きてしまいます。就寝前1時間はスマホなどの使用を控えて、リラックスした状態で過ごすようにしましょう。

 

 

③朝の日光浴

 

朝の日光浴は体内時計のリセットになると言われています。またビタミンDを生成し、骨の強化や炎症を抑えてくれる効果もあります。炎症体質になるとホルモンがしっかりと分泌されなくなるので、メラトニンも分泌されにくくなるのです。

 

 

④真っ暗にして寝る

 

電気を消して暗くしても窓から入る光によって生成されるメラトニンが減少すると言われています。例えアイマスクをして目から入る光をシャットアウトしたとしても、人間は皮膚で光を感じることができるので、遮光カーテン等で部屋に入る光を入らないようにすれば、深く良質な睡眠がとれるということになってくるのです。

 

 

はい、という訳で今回は睡眠の質を上げて人生を豊かにしようというテーマでお話させていただきました。

 

 

また次回の更新でお会いしましょうヽ(・∀・)ノ

 

【貧血の方は必見】鉄を正しく摂って貧血を防ごう

 

みなさん、こんにちはヽ(・∀・)ノ

 

ストイッククラブのゴッティです(*゚▽゚*)

 

いつもブログをご覧になって頂きありがとうございますヽ(*´∀`)ノ

 

今回は、鉄を正しく摂って貧血を防ごうというテーマでお話をさせていただこうと思います。

 

 

f:id:gotty131:20190830213847j:plain

│貧血の原因

 

特に女性の方は貧血でお悩みの方が多くいらっしゃると思います。女性は生理や授乳の関係で鉄分の排出が多い為、男性よりも意識して摂っていきたい栄養素なのですが、では何故貧血は起きてしまうのでしょうか?

 

貧血は鉄分の不足により、血液中で身体中に酸素を運ぶ役割を持つヘモグロビンという細胞が不足してしまい、体内で酸欠状態が起きてしまうことが原因とされています。

ヘモグロビンは鉄を原料にして作られるので、鉄分をしっかり摂取することができれば貧血を解決できるのですが、やり方を間違えてしまうと逆に身体を壊してしまうことにもなるので、正しい方法で鉄を摂取する方法を説明していきますね。

 

 

 

│ヘム鉄と非ヘム鉄

 

鉄は2種類に分けられているのですが、それがヘム鉄非ヘム鉄になります。

ヘム鉄は動物性の鉄でレバーや赤身の肉や魚に多く含まれており、体内に吸収されやすいという特徴があります。そしてもう一方の非ヘム鉄は植物性の鉄で、緑色の野菜や海藻などに含まれていますが、体内には吸収されにくいという特徴があります。

 

 

「なるほど!じゃあ、貧血予防にはレバーや赤身のお肉を食べれば良いってことだね!」

 

 

と思ったそこのあなた、ちょっと待ってください(笑)

 

 

ここからが重要になってくるので、次の項で説明させてもらいますね。

 

 

 

│ヘム鉄は体内に吸収されやすいが、、、

 

ヘム鉄は確かに体内に吸収されやすいので、貧血の予防にはなるかも知れないのですが現代のレバーや赤身のお肉には問題が多い為、貧血ばかりに気を取られて肉食に走ってしまうと他の病気を引き起こす可能性があります。

 

 

特に、レバーは牛や豚の肝臓になるのですが、肝臓は解毒をおこなう臓器なのでその中に毒が溜まりやすいと言われています。生物濃縮という言葉がありますが、家畜の中には農薬入りの穀物や添加物入りのエサを食べ抗生物質を投与されたものも多くいます。

その様な有害な成分が家畜の肝臓の中には蓄積されている可能性が高いので、購入するときには注意が必要です。

 

 

グラスフェッドの家畜や良質なエサを食べて育った家畜のレバーであれば、大きな問題はないのですが、そうなってくるとコストが高くなるというのも現実ですし、中々簡単には手に入れることが出来ないというのも事実です。

 

 

また、マグロやカツオなどの赤身の魚もヘム鉄を多く含みますが、こちらも大型魚ゆえに生物濃縮によって水銀などの有害物質を体内に含んでいることが多く、健康の為に食べることは余りオススメ出来ません。

 

 

│鉄は非ヘム鉄を摂ろう

 

 

由緒正しくどう育てられたかがハッキリとしているお肉を食べることが本来であれば理想的なのですが、現実的には中々厳しいかと思います。そこで、吸収率は悪いですが貧血の解消の為に非ヘム鉄を摂るようにしてみましょう。

先述した通りですが、非ヘム鉄は緑の野菜海藻に多く含まれています。

食べ物としての吸収率が悪いのであれば、あなたの体質を非ヘム鉄が吸収しやすい環境にしてあげることがベストだと思います。

 

 

まずは、減食やファスティングなどで食事の回数を減らし、腸内環境を整えます。そうすると吸収されにくい非ヘム鉄でも吸収されやすくなると言われておりますし、またビタミンCを摂ることによって鉄の吸収を促進することができるので、併せて生野菜も摂っていければ最高です。

 

 

そして、注意したいのがカフェインの摂取です。カフェインには鉄の吸収を阻害するという特徴があるので、貧血持ちの方は、極力コーヒーや緑茶を食後に飲まないことをお勧めします。

 

 

はい、ということで今回は鉄を正しくとって貧血を解消しようというテーマでお話をさせて頂きましたヽ(*´∀`)ノ

 

最後までご覧頂きありがとうございましたヽ(*´∀`)ノ

 

【重要】現代人にデトックスは不可欠です

 

みなさん、こんにちは(´・ω・`)

 

ゴッティですヽ(*´∀`)ノ

 

今日も皆さんの健康にお役に立てる記事を書いていこうと思いますので、良かったら最後までご覧になってくださいねヽ(´▽`)/

 

 

今日のテーマは現代人にデトックスは不可欠ですということでお話をさせて頂きます。

 

 

f:id:gotty131:20190830200101j:plain

│しっかりデトックスをして身体から毒を出そう

 

 

現代病というのは食源病と言わています。ガン糖尿病などの生活習慣病日々の食生活において摂取し続けた毒が溜まり続けた結果、病気という形で現れるので、身体に溜まった毒は日々のデトックスで少しずつ排出していけば、病気になりにくいというふうに考えることが出来ます。

 

 

では、デトックスとは具体的に何をしていけばよいのでしょうか?

 

 

│不摂生した次の日は食事の回数を減らそう

 

 

日々の暮らしの中で、ほとんどの方が1日3食をされていると思います。

 

1日3食は元々近代に始まった食習慣ですが、この3食が始まってからの方が健康状態が悪化しているという研究もあります。

 

現代の人々は1日3食に加えて、間食清涼飲料水などを多く摂り過ぎですし、飲み会などの付き合いで暴飲暴食をついついしてしまうこともあると思います。

 

人間に限った事ではないのですが、食物の消化というのは非常にエネルギーを使ってしまう為、代謝にエネルギーを使用することが出来ずに、身体から排毒ができなくなってしまうのです。

 

 

出来ることであれば、1日1食などの食生活を実践することが理想的ではありますが、せめて飲み会などで不摂生をした翌日などは、朝ご飯と昼ご飯を抜くなどしていただくと身体が代謝へとエネルギーを使うことができるので、デトックスも可能ということになります。

 

 

 

│現代人は食べ過ぎなのに栄養不足

 

皆さんは、日々の食事をどの様に摂られているでしょうか?

面倒だからと言ってコンビニファストフードで済ませてしまう方も少なからずいらっしゃると思いますが、その様ないわゆるジャンクフードは、高カロリー、高脂質代謝に必要なビタミンやミネラルが完全に不足してしまっているのです。

 

 

特に、現代人に不足しているミネラルの代表格がマグネシウムなのですが、マグネシウムは不足してしまうと便秘などの症状を引き起こしますし、マグネシウムがないと体内で代謝が行われずに、体内に毒が溜まっていく一方になってしまいます。

 

 

マグネシウム不足を防ぐためにも、【まごわやさしい】食などビタミンとミネラルが豊富に含まれている様な食事を日常生活の中で心がけることが重要になってきます。

 

 

 

 

│排便、排尿で排出できない毒は岩盤浴で出そう

 

 

人間の排毒行為は基本的に、排便と排尿になってくるのですが、現代の毒というものは食品添加物トランス脂肪酸などの石油由来の脂溶性の毒物がほとんどで、身体の脂肪の中に溜まって行きやすいため、残念ながら排便と排尿だけでは充分なデトックスができないというのが現実です。

 

 

では、どうすれば脂溶性の毒物は排出することができるのでしょうか?

 

 

その答えずばり、それは汗をかくということです。

汗をかくことによって脂溶性の毒物は排出することができますし、併せて血流の促進や免疫力の上昇、体内に滞留している金属や放射性物質でさえ身体の外に出すことができるのです。

 

 

但し、銭湯にあるような高温サウナだと、温度が高すぎるので長居もすることが難しいですし、水分ばかりが放出されていくので脱水症状に陥る可能性もあります。

 

 

つまり、岩盤浴のような低温のサウナが理想的なのです。

低温のサウナであれば、じっくりと時間をかけて汗をかくので、脂肪も燃えやすくその脂肪と一緒に脂肪に溶け込んでいた毒も排出することができるのです。

 

 

 

│肝心なのはデトックスのあと

 

いくら、デトックスで排毒し、身体がすっきりしたからといってその後の食事をデタラメにしてしまっては、せっかくのデトックスが台無しです(笑)岩盤浴などのデトックスというのは車で言うところのエンジンオイルを抜いただけの状態なので、その空になった身体に何を入れるかが重要ということになります。

 

 

デトックスをした後は、身体に優しい食事をするように心がけましょう。オススメはこの記事の最初の方にも述べましたが、【まごわやさしい】食です。また、納豆や味噌などの発酵食品もオススメです。

 

 

はい、という訳で、今回は現代人にデトックスは不可欠です。というテーマでお話をさせて頂きました。

 

 

最後までご覧頂きありがとうございましたヽ(´▽`)/

 

【必見】秋にオススメしたい馬肉

 

みなさん、こんにちはヽ(*´∀`)ノ

 

ゴッティですヽ(・∀・)ノ

いつもブログをご覧になって頂き誠にありがとうございます。

 

 

今日のテーマは馬肉ということで、これから涼しくなる秋に向けて是非オススメしたいお肉になってきます。秋という季節は冬に向けて動物たちが栄養を体内に蓄える時期であり、この時期の食材というのは非常に栄養価が高いとされています。

 

 

馬肉はジビエというジャンルに分類されるのですが、ではそのジビエとは一体なんのことなのでしょうか?

 

 

f:id:gotty131:20190829223417j:plain

ジビエってなに?

 

 

ジビエとはフランス語で狩りで得た野生の鳥や獣のお肉を意味する言葉で、ヨーロッパでは昔から貴重な食材として、上流階級の人々しか口にすることが出来ませんでした。

家畜で育てられた牛、豚などとは異なり、自然の中で伸び伸びと生活しているような動物なので、筋肉が多く、脂肪が少ないという、まさに高タンパク、低脂肪の代名詞とも呼べる食材なのです。

 

 

具体的に、ジビエにはどの様なものがあるかというと、猪肉馬肉鹿肉ウズラキジなどが挙げられます。

 

 

中々、近所のスーパーでは手に入れることが出来ないような代物ばかりですが、比較的馬肉であれば飲食店でも取り扱っているようなところもあり、1番身近なジビエだとも考えれるので今回は馬肉にスポットを当ててお話をさせて頂こうと思います。

 

 

 

│馬肉のメリット

 

 

馬肉はビタミンやミネラルのなどの栄養素が豊富で、カロリーと脂質が低く非常に健康によいお肉とされています。馬肉に含まれるグリコーゲンは滋養強壮や疲労回復の効果もあるとされています。そして、家畜として育てられた牛や豚に比べると、飼育段階で抗生物質ホルモン剤などの薬を投与される機会が少ないので人間が食べてもその薬品の影響を受けにくいというメリットがあります。

 

 

これは馬が反芻をしない動物である為、非常に内臓がデリケートであることが理由だとされていますが、このお陰で僕たちは安心安全に馬肉を食べることが出来るということになるのです。お肉の危険性についてはこちらをご覧下さい↓

 

www.stoicclub131.com

 

 

 

 

また、馬肉にはビタミンやミネラルの他にも、リノール酸を多く含むため、抗炎症作用、抗酸化作用による老化防止、さらには肌の保湿や肌バリア機能の向上も期待が出来るので女性にはとても嬉しい作用ばかりとなっています。さらに、最近の女性に不足がちな鉄分も含有量も多く貧血などにも良いとされているのです。

 

 

まさに、栄養補給にもダイエットにも美容にも効果がてきめんという素晴らしい効能がある馬肉をこの秋に是非皆さんにも試していただきたいと思いますヽ(・∀・)ノ

 

 

はい、という訳で今回は馬肉のメリットについてお話をさせて頂きました。

また次回の更新でお会いしましょうヽ(*´∀`)ノ

 

 

 

【閲覧注意】ワインが好きな方に注意してもらいたいこと

 

みなさん、こんにちはヽ(・∀・)ノ

 

ゴッティですヽ(*´∀`)ノ

 

いつもブログをご覧になっていただき誠にありがとうございます。

 

 

今日のテーマはワイン好きのあなたに注意してもらいたいことというテーマでお話をさせて頂こうと思いますので、良かったら最後までご覧くださいね。

 

 

 

f:id:gotty131:20190829185622j:plain

│ワインを飲む時に注意したいこと

 

 

皆さんの中でワインを飲んで頭が痛くなったり、お腹を壊してしまったりした経験をお持ちの方はいらっしゃるでしょうか?

 

僕は元々ワインが苦手で、あまり飲むことがないのですが、結婚式などでスパークリングワインを飲んでしまうと、気分が悪くなってしまうことが多々あります。

他のお酒を飲んでもあまり悪酔いすることがないので、ひょっとして単にワインが合わないのかなぁと思っていました。

 

ただ、気になってこのワインについて調べてみたところ、少し気になることがあったのでその情報をシェアさせて頂こうと思います。

 

 

 

│ワインに含まれる添加物

 

 

ワインの中にはもちろん、無添加の製品もあるので飲むのであれば、当然無添加のものをオススメしたいのですが、お店で販売されているワインの裏面の成分表示を確認してみると、ほとんどの商品の成分表示に酸化防止剤亜硫酸塩もしくは亜硫酸ナトリウム)という表記がされています。

 

 

ワインというのは酵母を使用してブドウを発酵させて製造するのですが、その過程でヨーロッパでは古来よりこの亜硫酸塩というものが使われていたそうです。

亜硫酸塩は、酵母菌の繁殖を抑制してワインが必要以上に発酵しないように抑えたり、雑菌の増殖を防ぐために用いられているものですが、現代でもその品質の酸化を防止する目的でも用いられています。

 

 

│亜硫酸塩の危険性

 

 

さて、酸化防止剤として使用される亜硝酸塩ですが少し難点があり、この亜硫酸塩はかなり毒性が強いとも言われているのです。

 

亜硫酸塩はいくつかの種類に分類されているのですが、その中で最も多く用いられているのは二酸化硫黄と呼ばれるもので、火山のガスなどにも含まれる有毒ガスの一種で別の名前を亜硫酸ガスとも言います。ものすごく強い成分だからこそ雑菌の繁殖を防ぎ、腐敗を抑制することも出来ると考えられるのですが、僕たちの人体に害はないのでしょうか?

 

 

WHOの公式発表によると亜硫酸塩はは摂り過ぎてしまうと大腸がんになるリスクが高まると言われております、これは食肉などに含まれるアミンという成分と亜硫酸塩が化学反応を起こすことによりがん性物質であるニトロソアミンに変化してしまうからと言われています。

 

 

併せて、マウスを使った動物実験では肝機能の異常やビタミンB1の欠乏により成長が止まってしまうという結果も出ているそうです。

 

 

 

│どうしてもワインが飲みたい方へ

 

 

ワインは嗜好品として楽しんでいただくのであれば、僕にはそれを止めることは出来ません。ただ、ポリフェノールが入っているからと言って健康の為に常飲することは個人的にはオススメはしません酸化防止剤である亜硫酸塩が入っているようなワインは人によっては薬品のような味がしてしまうという声もあるそうなので、もしどうしてもワインを飲まれたいのであれば、酸化防止剤フリーの無添加ワインを飲むことオススメします。

 

日本にはワインを発酵させる際に、温度調節によってワインに亜硫酸塩を使用しないようなものもあるようなので、成分表示を確認して酸化防止剤不使用などと書かれたワインを購入するようにしましょう。

 

 

はい、という訳で今回はワインが好きな方に知ってもらいたいことというテーマでお話をさせて頂きましたヽ(*´∀`)ノ

 

 

それでは、また次回の更新でお会いしましょうヽ(*´∀`)ノ

 

※記事内容に一部誤りがありましたので、修正しております。誤った情報をお伝えしてしまい申し訳ありません。訂正してお詫び致します。

 

【悲劇】野菜ジュースで野菜不足は本当に解消できるの?

 

みなさん、こんにちはヽ(・∀・)ノ

 

 

ストイッククラブのゴッティです(*゚▽゚*)

 

 

本日も皆さんに健康に関する情報を提供していこうと思いますので、是非最後までご覧になってくださいねヽ(・∀・)ノ

 

 

今日のテーマは野菜ジュースで野菜不足は補えませんというお話をさせて頂きますねヽ(;▽;)ノ

 

f:id:gotty131:20190907085627j:plain



 

 

│野菜ジュースに栄養って本当にあるの?

 

 

皆さんは、普段からの野菜不足を補おうとしてコンビニなどで大手企業の野菜ジュースを購入されている方もいらっしゃると思いますが、残念ながら野菜ジュースでは野菜不足を補うどころかかえって健康被害が出ることも考えられるので、嗜好品として飲まれる分には構いませんが、健康の為に飲用されているのでいるのであればすぐにでも止めて頂ければと思います。

 

 

さて、では何故野菜ジュースが身体に悪いのかをお話させていただくと、まず野菜ジュースの原料となる野菜の買い付けに大手企業のバイヤーさんは海外まで赴き、極力安価な野菜を購入してくるそうです。

 

 

購入した野菜を海外から国内に持ち込む際には、その野菜に熱処理を施してギュッと圧縮して小さくした後に冷凍して固めます。その後、日本に持ち帰って解凍し、パック詰めにして販売するという工程を辿ります。皆さんが飲まれている比較的安価な野菜ジュースはこのようにして作られています。

 

 

しかしながら、そもそも野菜は生の状態でないと摂ることができない成分が多い為、最初に行われた熱処理をした段階でビタミン類や酵素などの重要な栄養素はほとんど殺されてしまうという悲劇が起きてしまうのです。この時点でもはや栄養的な価値はほとんどなくなってしまっていると考えらます。

 

 

でも野菜には食物繊維が豊富に入っているし、少なくとも食物繊維は摂取できるのでは?という疑問も浮かんできそうですが、市販の野菜ジュースは非常にサラサラして飲みやすいものが多いのです。残念ながらこれは、パッケージの前の段階で食物繊維を取られてしまっているので、あの様に飲みやすくなっているのです。

 

 

つまり、野菜ジュースには栄養的な価値は皆無であると言えるのです。

厳密に言うと野菜ジュースに残っているものは糖分だけなのです。

 

 

さらに、商品を腐りにくくする為の保存料や防腐剤もしっかりと入っていますし、熱処理をした為に、なくなってしまった香りを化学的な香料をいれて補ったり、味を補うために食塩を入れているものもあるのです。

 

 

果たして、この様なものが本当に身体に良いと言えるのか?ということを是非一度考えて見てくださいね。

 

 

はい、という訳で今回は野菜ジュースを飲まないほうが良い理由ということでお話をさせて頂きましたヽ(;▽;)ノ

 

 

最後までご覧になって頂きありがとうございますヽ(・∀・)ノ

 

ニキビを根本から治す為にするべきこと

 

みなさん、こんにちはヽ(・∀・)ノ

 

ストイッククラブのゴッティですヽ(*´∀`)ノ

 

ブログをいつもご覧いただき誠にありがとうございます。

 

 

さて、今回は皮膚のお悩みの解決方法ということで、ニキビを自然に治す方法をお伝えしていこうと思いますので最後までご覧くださいね。

 

f:id:gotty131:20190829190116j:plain

│ニキビの原因

 

 

青春のシンボルとも言われるニキビですが、痛いですし、出来たらすぐに治って欲しいですよね。テレビのCMでやっているような肌ケアを一生懸命されている方も、ブログをご覧になってらっしゃる方の中にはいるかも知れませんが、そうなると表面上の対症方法だけになってしまい、根本的なニキビの原因を排除することが出来ません。

ということで、解決方法を説明する前にニキビの原因から説明していきますね。

 

 

まず、皮膚の中には皮脂腺という皮膚を分泌する器官があり、皮脂腺から皮脂を分泌することにより僕たちは毛や肌の潤いを保っています

 

 

しかし、角化異常で角層が固まってしまうと毛穴が詰まってしまい皮脂腺から分泌される皮脂は逃げ道を失う為、本来であれば毛穴から出ていく皮脂が溜まってしまいます。これがニキビが出来る発端になってしまうのです。

 

 

さて、ここで逃げ道を失った皮脂をエサにする菌が出てくるのですが、それが皆さんご存知のアクネ菌ということになってきます。アクネ菌が大量に発生してしまうと免疫細胞がアクネ菌を殺す為に戦い始めるのでこれが原因で炎症を引き起こしてしまうのです。これがニキビが出来てしまう原因になります。

 

 

では何故、このようなことが僕たちの皮膚の中で起きてしまうのでしょうか?

その理由の1つとして考えられているのが、皮脂腺の拡大という現象です。

 

皮脂腺が拡大してしまうと皮脂の分泌量が増加し、毛穴が塞がってしまいニキビになりやすいと言われています。ということは、ニキビの問題の根本的な解決の為には皮脂腺を拡大させないようにするというのが重要になってくるのです。

 

 

 

│皮脂腺を拡大させる要因

 

 

皮脂腺を拡大させてしまう原因となるものに、3つのホルモンが関係していると言われています。その3つとは

 

 

インスリン

②アンドロゲン

エストロゲン

 

 

になります。この3つのホルモンを異常に分泌させないようにすれば、皮脂腺の拡大を防ぐことができ、正しくニキビを根治させることが出来るということになってくるのです。

 

 

 

まずは1つ目のインスリンです。インスリンが多く分泌してしまうとニキビが出来やすくなります。この理由はインスリン量が増えてくるとIGF-1というものが増えてくるのですが、これはインスリン様成長因子と呼ばれ、これが増えてくると皮脂を分泌する量が増えてくると言われています。

 

 

つまり、糖類の過剰摂取がニキビの原因となるので普段の食生活で糖質を摂り過ぎないように気をつけていくということが1つ目のポイントになります。

 

 

 

次にアンドロゲンという男性ホルモンも増えてしまうと結果的に皮脂を増やし、皮脂腺を拡大させ、角層を固まらせてしまうので毛穴を塞いでしまうと言われています。では、何故アンドロゲンが増えてしまうかというと、これもまた原因がインスリンで、インスリンが増えるとアンドロゲンも増えるとされています。砂糖などの糖質の過剰摂取は諸悪の根源ですね(笑)

 

 

 

最後のエストロゲンは女性ホルモンですが、エストロゲンが過多になってしまうと肌の問題を引き起こしたり、炎症を促進してしまうという現象が起きてしまいます。

 

 

エストロゲンが増えてしまう原因は肝機能の低下と言われています。肝機能の低下はアルコールの摂取農薬が多く入っているGMO野菜(遺伝子組み換え農作物)によって招かねると言われていますので、過剰なアルコール摂取やラウンドアップなどの農薬を用いた野菜を避け、無農薬の野菜を食べるということを心がけて頂ければ良いと思います。ちなみに肝機能の向上にはアブラナ科の野菜がいいと言われていますのでキャベツやブロッコリーなども食べて頂ければと思います。

 

 

またエストロゲンプロゲステロンというホルモンとのバランスが重要なのですが、日常生活でストレスが溜まってしまうとプロゲステロンが下がってしまい、結果的にエストロゲンを過多にしてしまいます。あまりストレスを抱え込まずに、深呼吸などをして副交感神経を優位にさせ身体をリラックスしさせましょう。

 

 

端的に言うと、糖質を避けてストレスフリーに過ごし、身体にいいものを摂取すればニキビを防げるということになってくるかと思います。

 

 

 

 はい、という訳で今回はニキビを治すための根本的な解決法ということでお話をさせていただきましたヽ(*´∀`)ノ

 

 

また次回の更新でお会いしましょうヽ(・∀・)ノ