ストイッククラブ

一般的な栄養学をベースに日々の生活の中で取り入れるべきものと避けていくべきものをブログにしています。

【アンチの皆様へ】これだけはやめてください!

 

みなさん、こんにちはヽ(・∀・)ノ

ストイッククラブのゴッティです。

f:id:gotty131:20191120223604j:plain

 

先日、リリースした警告表示に意見する記事をリリースしたところはてなブックマーク欄が大いに荒れてしまいました。読者の皆様、お騒がせし、ご不快なお気持ちにさせてしまい大変申し訳ありません。その記事はこちらでした。↓

 

www.stoicclub131.com

 

特に炎上を狙って記事を書いている訳ではないのですが、この内容がアンチの皆様の反感を買ったらしく、ブックマーク欄が物凄いことになってしまいました。ブックマーク欄は罵詈雑言で溢れかえり、アンチの皆様の民度の低さに改めて驚かされました。人間は自分の顔が見えないところではここまで豹変するんですね(笑)ちなみに、この記事だけでPV数は約3万程度を記録することが出来たのですが、批判的な内容のブックマークは約500件でした。これを数字に換算してみると単純に全体の約1.6%の皆様が記事やブログに対して批判的だったと考えることができます。残りの98.4%のサイレントマジョリティーの皆様がどの様なご意見だったのかが非常に気になります。これからもブログへのご意見、ご批判等々お待ちしておりますので是非今後ともよろしくお願いします。

 

さて、今回はアンチの皆様にお願いと言うことで記事を書いていこうと思います。

 

 

 

│アンチの皆さまへのお願い

 

最近、僕の書いた記事をリブログし、その記事に対して批判的な内容を書くというブロガーさんをちょこちょこ見かけるようになりました。僕個人的には肯定的であれ否定的であれ僕の記事を紹介してくれる皆様には感謝をしてますし、そのリブログによって色々な人に僕の記事の内容が届いてくれたら嬉しいと思っています。そこから、記事の善悪を判断するのはその読者様ということになってくるので、リブログや炎上してもらうのは一向に構わないのです。

 

但し、1つだけお願いがあります。僕の記事に対する悪口や批判はどんどんしてもらって構いませんが、僕の応援をしてくれている様な人たちを悪意を持って晒すような真似は止めてもらいたいのです。これは本当にいい大人がするような行為ではなく恥ずべき行為だと思います。ブログの内容で攻撃されるのは僕一人でいいはずなのに、僕の記事の内容を支持してくれる人たちまで攻撃するのは本当に止めて頂きたい。

 

今後、ブックマーク欄にコメントされたり、僕のブログをリブログされる場合は周りの人たちを悪意を持って晒し巻き込まないよう紳士淑女的な対応をお願いします。

 

以上、ゴッティからのお願いでした。

 

 

困ったときは野生の動物に学ぼう

 

みなさん、こんにちはヽ(・∀・)ノ

ストイッククラブのゴッティです。

いつもブログをご覧になって頂き誠にありがとうございます。

 

今回のテーマはとある読者様から頂いた疑問についてお答えさせて頂こうと思います。

不誠実と思われるかも知れませんが、いつも皆さんから頂くコメントに返信ができておらずごめんなさい。いつも皆様のコメントには目を通しておりますので、これからもどんどんメッセージをお寄せくださいね。さて、ある読者様の質問はこの記事に寄せられたものでした。↓

 

www.stoicclub131.com

 

この記事の中で僕は

 

「メーカーが行う自社製品の安全性についての検査は基本的に結果ありきのものなので、巧妙な検査によって短期的にはそのものに危険性がないことを証明出来ても、長い目で見た際の安全性については証明できていないのが現状です。」

 

と述べました。この意見に対して

 

長い目で見たら安全性が確認できないのは天然物も同じではないか?

 

と言うご指摘を頂きました。なるほど、確かに。天然のものだけを食べている人や動物を長期に渡って調査している研究者はあまりいないかも知れませんし、天然だから安全だと言う立証も出来ないかも知れません。ただ、この疑問は自然の動物を見てみると簡単に解消することが出来ると考えられます。

 

f:id:gotty131:20191120235447j:plain

 

│野生の動物の死因は何?

 

テレビなどでよく動物の番組をする際にアフリカに生息している動物を特集することがあります。彼らは野生の動物なので、人間と違い自然界にある一切の添加物が入っていない天然のものを食べています。野生の動物の死因を挙げて見ると、不慮の事故による外傷、感染症、栄養失調や餓死と言う非常にシンプルなものです。野生動物に限らず、先住民族や原始時代の生活を送っている様な人々にもこれらの死因が当てはまります。

 

さて、一方の現代を生きる人々の死因はどの様なものがあるでしょうか?それは上記の死因に加えて、生活習慣病の悪化による病死と言うものが入ってくるのです。ガン、糖尿病、心筋梗塞脳梗塞などが挙げられますが、これらは全て食源病と呼ばれるものであり、野生の動物は罹患することはない病気です。さてでは、この野生動物が罹らない病気に現代人が罹ってしまうのは何故なのでしょうか?

 

 

 

│食事の回数が異常

 

江戸時代の後期くらいから一部の富裕層で始まった1日3食ですが、明治に入ってくるとこれが庶民にも普及してきます。さて、この3食が普及してから人々が健康になったかと言うと、実はそうでもなさそうで逆に病気が増えたとされています。現代においてもメディア等で1日3食を推奨する様な放送がありますが、3食毎日食べていると1週間で21食も食べていることになります。野生動物で律儀に朝、昼、晩と3食食べているような動物はいませんし、彼らは食べる時も彼らは必要な分だけしか食べていません。よく肉食獣が草食動物を捕食しているところを見て残酷だという人がいますが、必要以上に食べて、食べられないものは廃棄すると言った人間の方がよほど残酷です。

 

 

│野生動物に学ぼう

 

さて、野生の動物で生活習慣病になった動物がいるという話を聞いたことがある方はいらっしゃいますでしょうか?確かに彼らはストレスフリーな大自然という環境で運動不足にもならないと言う観点から人間がかかるような病気になりにくいのかも知れませんが、やはり1番は食事の質ということになってくると考えられます。大自然の動物は

 

  • 揚げ物を食べますか?
  • 砂糖や人工甘味料入りのお菓子を食べますか?
  • 炭水化物ばかりを食べますか?
  • 大手のチェーン店に食べに行きますか?
  • 食品添加物化学調味料が入った食事を摂りますか?

 

ということを考えていくと、有毒で急性中毒になる様な植物を食べたりしない限りは天然のものを食べても問題はなく、食べ過ぎにさえ注意をしていれば安全性のテストなどしなくても良いことを野生の動物たちが教えてくれているのです。

 

はい、という訳で今回は困った時は野生の動物に学ぼうと言うテーマでお話をさせて頂きました。最後までご覧になって頂きありがとうございました。

 

 

 

【女性必見】美肌のために踏むべき3ステップとは?

 

みなさん、こんにちはヽ(・∀・)ノ

ストイッククラブのゴッティです。

 

昨日、一昨日と美肌によくない食品と言うことで紹介させて頂きましたが、今回は美肌を作るためにはどの様なアクションを起こせば良いかをお話させて頂こうと思います。

その方法は高い化粧水や保湿液を買うとかそのような方法ではないのでご安心くださいね。ちなみに、化粧水などの美容製品を用いると一時的には肌が潤いますが、長い目でみると将来的にシミ、そばかす、肌のたるみ、鮫肌、こじわの原因になるのであまりオススメは致しません。その情報に関してはこちらの記事に書いてありますのでご参照ください↓ 

www.stoicclub131.com

 

f:id:gotty131:20191120214143j:plain

│STEP1 プチ断食などの減食をしよう

 

肌質改善の為にこんなことを言うビューティーアドバイザーなんていないかも知れませんが、まずはプチ断食などで腸内に溜まっている宿便を排出します。プチ断食とは1日1食や1日断食などのことを指しますが、現代人の腸内は3食による食べ過ぎで腸内の食物がスムーズに消化されず、腸内で腐敗したりすることで腸内環境が非常に悪化していることが多いとされています。この様な状態は謂わば渋滞を起こしている道路の様なものなので腸内の環境を修復することができないのです。

 

腸内環境と肌質には密接な関係があるとされており、肌の状態=腸内環境と言っても過言ではないので、まずはこの腸内を綺麗にして上げることが最初のステップということになってきます。また1日1食などの減食をすることで自己融解を起こし、血管の中にあり心筋梗塞などの原因になるアテロームなどをエサにして身体がエネルギーに変えてくれるため血液がサラサラになると言う効果も得られます。特にこの減食に関しては期間を設ける必要はありません。できる方はずっと1食でOKです。ちなみにゴッティは約7年間1日1食で肌もスベスベ、白髪も一本も出て来ません。風邪も全く引かなくなりました。

 

 

│STEP2 消化に悪い食べ物を避けてオメガ3脂肪酸を摂ろう

 

現代人は食事で非常に消化に悪いもの食べている為、身体が消化にばかりエネルギーを取られてしまい代謝にエネルギーを使うことが出来ていない為、太りやすく病気になりやすいとされています。では、具体的にどの様なものが消化に悪いのでしょうか?具体的な例を挙げると、小麦由来の食品、牛乳由来の食品、そして粗悪なトランス脂肪酸や植物油脂などです。これらの食品については別の記事でも言及していますのでこちらを参照にされてください↓ 

www.stoicclub131.com

 

そして脂も美肌に重要な要素になってきます。脂と聞くと何となく避けたほうが良いのではないかと思われる方もいらっしゃると思いますが、大事なのは粗悪な油は避けて、良質な油はしっかりと摂るということです。粗悪とまでは言いませんが現代人は炎症を引き起こしやすいオメガ6脂肪酸を過剰摂取していると言われています。なので、肌質の改善の為には炎症を抑えてくれるようなオメガ3脂肪酸を摂ることが重要なのです。オメガ3脂肪酸胡麻油や亜麻仁油、魚に含まれるDHAEPAなどがあります。良い脂肪で肌を形成することができればキメが細かくスベスベした肌にすることが期待できるのです。ちなみに砂糖とアルコールは美肌の天敵なので気をつけてくださいね。

 

 

 

│STEP3 甘酒で腸内環境を整えよう

 

美肌の為の最終ステップは甘酒です。ここで言う甘酒は酒粕由来のものではなく、米麹由来の甘酒を指します。甘酒には美容のみならず夏バテや慢性疲労にも効果的だと言われています。それはまず、甘酒に含まれるビタミンB群が疲労回復の役割を果たすとされています。また、甘酒に含まれるビタミンB2は皮膚や髪の毛の再生にも重要なビタミンですし、オリゴ糖は生きたまま腸に届き腸内細菌の餌となる為、腸内環境を整え肌質を改善させてくれるのです。ちなみに、余談ですが抗生物質を飲むと腸内環境が悪化してしまいます。これは抗生物質が腸内の善玉菌を殺してしまうからなのです。甘酒についてはこちらの記事で詳しく述べていますのでご覧下さい↓

 

www.stoicclub131.com

 

 

www.stoicclub131.com

 

はい、という訳で今回は美肌の為に踏むべき3ステップということでお話をさせて頂きました。最後までご覧になって頂きありがとうございました。また次回の更新でお会いしましょうヽ(・∀・)ノ

 

 

 

【女性必見】お肌のトラブルを招きやすい食品3選

 

みなさん、こんにちはヽ(・∀・)ノ

ストイッククラブのゴッティです。

 

昨日の記事ではスムージーが老化を促進してしまうと言う記事をリリース致しましたが、今回はその他にもあなたのお肌をボロボロにして老化を促進してしまう食品や飲料についてお話をさせて頂こうと思います。何種類かありますので、それぞれについてお話をさせて頂きますので、よかったら最後までご覧くださいね。

 

f:id:gotty131:20191119224414j:plain

│アルコール類

 

アルコールを健康の為に飲んでいるという方はまずいないと思いますが、アルコールはお肌にとって非常に悪影響を及ぼします。肌の健康にとって一番良くない行為が飲酒とも言われているくらいなのですが、その理由としてはまず、ホルモンバランスを破壊して吹き出物が出来やすくなってしまうと言うことが挙げられます。そして次にアルコールによって体内の大切な菌、特に腸内細菌を殺してしまうことで肌に悪影響を及ぼしてしまうということです。さらにアルコールを摂取することで肌を脱水症状にした上にむくませてしまうので、お肌の健康の為には毎日のアルコールの摂取は控えた方が良いでしょう。腸内環境についての記事はこちらを参照されてください↓

 

www.stoicclub131.com

 

 

 

│牛乳などの乳製品

 

このブログでも何度か扱ってきた牛乳ですが、この牛乳も肌にはよくないとされている飲料の一種です。まず、牛乳などの乳製品には皮膚の脂肪の分泌を促進する成長ホルモンが多く含有されているので、これにより顔にテカリが出てしまいます。これが原因で顔が吹き出物だらけになるということにも成りうるのです。また、市販の乳製品には粗悪なものが多い上に、製造工程でほとんどの成分が破壊されてしまいます。また、日本人はそのほとんどが乳糖不耐症と言う、乳糖を体内で分解できない体質なので下痢などの原因にもなりますし、アトピーや湿疹の原因にもなってしまうと言われています。牛乳の記事はこちらを参照されてください↓

 

www.stoicclub131.com

 

 

www.stoicclub131.com

 

│ハムやソーセージなどの加工肉

 

この加工肉についても過去に記事にさせて頂きましたが、ハムやソーセージなどの加工肉もお肌のトラブルの原因に成りうる食品です。外食で提供される加工肉にはどの様なものが入っているかが不明なだけでなく、塩せきのハムには大量の塩が用いられている為、この塩分の過剰摂取によって皮膚がむくんでしまいます。また、加工肉に含まれている亜硝酸塩はお肌のコラーゲンを破壊する様な特徴があるので、お肌にハリやツヤがなくなってしまい小じわだらけの顔になってしまうことになるのです。加工肉についてはこちらの記事も参考にされてください↓

 

www.stoicclub131.com

 

はい、という訳で今回は昨日のスムージーの記事に引き続きお肌のトラブルになりやすい食品を3つご紹介させて頂きました。また次回の更新でお会いしましょうヽ(・∀・)ノ

 

【悲報】スムージーに美容の効果はありません

 

みなさん、こんにちはヽ(・∀・)ノ

ストイッククラブのゴッティです。

 

一昔前にスムージーと言う果物や野菜をミキサーにかけて砕き飲みやすくする飲み物が流行りました。現在でもコンビニや店舗などで取り扱いがあり、果物や野菜不足を補うことが出来るのではないかと言うことで、女性に人気がある飲み物です。美肌や美白などにも効果があるとされ一見健康に良さそうなスムージーですが、今回はそのスムージーを飲むと老けてしまうと言うお話をさせて頂こうと思います。

 

f:id:gotty131:20191118212800j:plain

 

│AGEが老化を促進する

 

原材料に果物を多く使用するスムージーには、糖分の一種である果糖が多く含まれています。僕たちは食事をして糖分を摂るとその糖分がエネルギーとして使われていくのですが、その中で余ってしまった糖分というのが体内のたんぱく質と結びつくことによってAGEと言うものを作り出します。AGEは終末糖化産物と日本語で訳されますが、このAGEは細胞を焦がしてしまい老化の大きな原因となってしまうのです。ここで言う老化というのは美容面の老化ということに留まらず、肌、骨、脳の老化を促進してしまうのです。いつまでも若々しくいる為には、このAGEをいかに身体の中で作り出さないかがポイントになってきます。

 

 

│AGEを作りやすい果糖

 

糖分には様々な種類があり、ショ糖、ブドウ糖、そして果物に多く含まれている果糖があります。どんな糖分であっても摂りすぎることは身体にとって悪く、過剰摂取をしてしまうとタンパク質結びつきAGEを作り出します。しかしながら、これらの糖分の中でも果糖は同じ糖分であるブドウ糖よりも7倍早くAGEを作り出すと言われており、多くの果物を使って作られるスムージーを飲むと身体の中に大量の果糖が一気に流れ混んでしまい、AGEを大量に生産してしまうということになってしまう為、老化を促進してしまうというカラクになっているのです。

 

 

 

│果物は避けたほうがいいのか?

 

それでは、この果糖を避ける為には果物を食べない方がいいのかと言う話になってきそうですが、答えは必ずしも果物=悪いという訳ではないのです。果物にはビタミンが豊富に含まれていますし、栄養的には申し分のない食べ物です。但し、摂り方を間違ってしまうと身体にとって良くない食べ物に成りうるので注意が必要です。では正しい果物の食べ方とはどの様な食べ方なのでしょうか?

 

基本的に、果物はそのまま丸っと頂くのがベストな食べ方です。リンゴなどであれば皮ごと食べるのが理想的です。これはまず果物をその形状のままで頂くと食べ過ぎてしまうことがなく、糖分の摂り過ぎを防ぐことが出来ます。さらに果物に含まれる食物繊維が糖分の吸収を緩やかにしてくれるので、血糖が急激に上昇するようなことも起こりにくいのです。

 

逆にスムージーはミキサーで果物を細かく切り刻むことで非常に飲みやすくなりますが、この果物を刻む際に果物に含まれる不溶性の食物繊維を破壊してしまいます。ミキサーにかけても水溶性の食物繊維は残るのですが、糖分の吸収を緩やかにする為には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方が必要なのです。果物を細かく砕いたスムージーだと身体の中に大量の果糖が急激に入り込んでしまう為、これによりAGEがどんどん作られてしまい老化に繋がっていくのです。食物繊維の記事はこちらから↓

 

www.stoicclub131.com

 

スムージーは適量を嗜好品として飲むことは構いませんが、健康や美容の為だからと言ってガバガバ飲むというのは危険な行為だと知ることが重要なのです。過去に似たような野菜ジュースの記事も書いていますので良かったらご覧になってくださいね↓

 

www.stoicclub131.com

 

はい、という訳で今回はスムージーに美容の効果はありませんと言うお話をさせて頂きました。最後までご覧になって頂きありがとうございましたヽ(・∀・)ノ

 

【忠告】はてなブログは当ブログの警告表示を即刻削除せよ!

 

みなさん、こんにちはヽ(・∀・)ノ

ストイッククラブのゴッティです。

 

今回は健康の話ではなく、ブログに表示されている警告文についてのお話をさせて頂こうと思います。

 

当ブログをご存知の方は、この記事を見えにくくする警告表示のこともご存知かと思います。アンチ(暇人)の人達が心無い違反報告をすることが何度も重なったことではてなブログが動き、この様な措置が取られてしまいました。

 

個人的には当初、残念な気持ちもありましたがこれも仕方がないのかな?と諦めてこのブログを好きでいてくれる人の為に、書き続けようと思っていました。

なので、かれこれ1ヶ月程度出続けているこの表示について、最近ではほとんど気にすることもなかったのですが、多くの読者様より、ブログの内容は問題ないのに警告文が邪魔して見えづらいと言うお言葉を頂きました。

 

今回は、僕のブログの警告に対して寄せされた温かいお言葉の数々を紹介させて頂こうと思います。

 

 

f:id:gotty131:20191117232004p:plain

│ブログに寄せられたお言葉

 

内容的に色々と納得いくものが多く、なぜサイトを開いた時に余計な文言が出てくるのかが謎です。(チーコさん)

 

 

健康などをテーマにすると、こんな落とし穴があるなんて、、、これはモチベーション下がりますね。せっかくの良い記事でもこれでは辛すぎですね。(なおにさん)

 

 

こういう警告がでるんですね!確かに警告が出ると見にくさは感じてしまいましたね、、、(イチゴさん)

 

いつも拝読させていただいています。早く警告が解除になるとよいですね。応援してます。(ziziさん)

 

(ブログの)どこがダメなのか全くわかりません。警告は必要ないかと、、、(匡死さん)

 

オマエさんのブログのファンだからこそ、その警告は外すべきだと思うんだぜ(伝説のSEO王子様)

 

アクセスしてみたら警告が出るブログで一瞬驚いたのですが、読んでみたら至極まっとうなことが書かれていました。(たまな商店さん)

 

警告文必要ないですね。個人見解を抑制する様なことはあってはなりません。

健康被害とか食べ過ぎて摂りすぎるから被害に遭うだけで、健康を損なうことは書かれていません。警告文の削除を求めます!(キラキラさん)

 

 

 

みなさん、温かいお言葉や力強い応援のメッセージを本当にありがとうございます。

心より感謝申し上げます。表示される警告文に関しては、無視をしていようと思っていましたが、一転、警告文の削除に向けて戦う気持ちになりました。

 

はてなブログさん、見てますか?この様なメッセージもあるのです。特にはてなさんはアンチ(暇人)の通報にだけ耳を傾け、個人のブログに対して言論統制の様な措置を講じてきました。

 

僕のブログには誰かにとって知られてはマズイ情報でも書いていますか?

 

何か焦っていますか?

 

何故、たかだか一個人の弱小ブログにここまでの措置を施すのですか?

 

日本と言う国は思想・言論の自由が認められているはずです。様々な人たちに意見や思想をシェアする機会が他のブロガーさん達と同様に均等に与えられないのは不平等です。僕の気持ちは読者様ファーストなので、読者の皆様が見えづらいとおっしゃる民意をないがしろにするのはやめて頂きたい。個人的にも警告文の削除を強く求めます!

 

 

はい、と言う訳で今回はブログに表示されてしまう警告文のことについて言及させて頂きました。最後までご覧になって頂きありがとうございました。

 

 

 

【驚愕】日本が誇る数々の不名誉な世界一

 

みなさん、こんにちはヽ(´▽`)/

ストイッククラブのゴッティです。

 

一昔前に、当時民主党だった蓮舫議員が日本のスーパーコンピューターに関して「何故、2位ではダメなんですか?」と言う発言が話題を呼び、物議を醸しました。

 

日本は先進国と言われており、スーパーコンピューターのような名誉あるハイランカーでもありますが、今回は、日本が誇る不名誉な世界一を紹介させて頂こうと思います。

これを知ると現在の日本がどの様な状況や立場に置かれているかを知ることが出来ると思いますので、是非参考にされて見てください。

 

f:id:gotty131:20191116151611j:plain

 

│胃薬の使用数世界一

 

まずは医薬品の部門からお話をさせて頂こうと思います。日本人は本当に西洋医学の慢性疾患に対するアプローチが如何にお粗末なものなのかをわかっていません。その中でも特に顕著なのがこの胃薬の使用率が世界一と言うことです。もし仮に、世界で1番胃薬を飲んでいる国が日本で、胃がんが一番少ない国という事であれば、それはもう納得できる話なのですが、日本は胃がんの発生率が世界一というデーターがあります。もうこれは何かがおかしいことにそろそろ気が付かないといけないのではないでしょうか?

 

 

│精神科の病床数が世界一

 

以前、このブログにて精神科の批判記事を上げたことがありますが、日本は精神科の病床数が世界一です。これは2位をダントツの差で突き放しての1位になります。日本の様にインフラが整い、食べ物が溢れ、生活が苦しくなったら国が助けてくれる様な国は世界的に見て非常に希です。食べ物がなくて明日の生活がわからない、住む家が無くて困っているという人をほとんど見かけるようなことがない国で日本人は一体何に悩んでいるのでしょうか?また、メンタルの病気はいつまでも入院しなければいけない様な病気なのでしょうか?一度、何故この様なことになっているかを真剣に考えなければいけません。過去の記事を参考にされてみてください↓

 

www.stoicclub131.com

 

 

 

│食料の廃棄数が世界一

 

フードロスという言葉を最近ではよく聞くようになってきました。日本は食料自給率が非常に低く、食料を大量に海外から輸入しています。食品においては遺伝子組み換え食品の問題やポストハーベストの問題もありますが、この食料の廃棄が多いというのも大きな問題です。そもそも、飲食店で必要以上の食べ物を注文し食べ残すと言う行為は、自分たち人間の身勝手な理由で屠殺、採取された動物や植物に対する冒涜です。必要なものを必要なだけ頂き、1日1食などの減食をおこなえば癌や糖尿病などの食源病を防ぎ、フードロスも防ぐことが出来るのです。関連記事はこちらから↓

 

www.stoicclub131.com

 

│電磁波を浴びる量が世界一

 

僕たちの身の回りには電磁波を発するものが多く存在します。パソコンやスマホなどの機器、電子レンジやエアコンなどの電化製品、高圧電線や電柱などの装置など様々です。海外では電子機器に対する危険性の認知度が高いので、日本では当たり前の様に家庭に普及しつつあるオール電化などは海外の家庭では普及していません。電磁波の危険性に関しても過去の記事で言及しておりますのでこちらをご覧下さい↓

 

www.stoicclub131.com

 

│寝たきりの期間が世界一

 

西洋医学の進歩において日本では高齢化社会が進み、平均寿命が飛躍的に伸びました。しかしながら、平均寿命と言うのは寝たきりでいる期間も含まれている為、実際にこれが喜ぶべき数字かと言うと甚だ疑問です。重要なのは健康で動き回ることができる健康寿命の長さになってくると考えられるのですが、日本という国は健康寿命と平均寿命の差が大きく、この差が世界一と言われています。これが一体何を意味するのかをよく考える必要があるのではないでしょうか?

 

 

│農薬の使用量が世界一

 

日本のスーパーで売られているような農産物は農薬の使用料が多く、一般的には食べられるような代物ではないとされています。これは日本の可能な農薬使用量の基準があまりも緩い為です。海外などでは農薬の使用可能な量が少なく、日本で生産された農薬を多く塗布された野菜を持ち込もうとするとその使用農薬量の基準オーバーにより逮捕されるようなレベルだとされています。では、逆に海外から来た農産物は安全なのかと言う疑問も出てきそうですが、海外産の農作物にはポストハーベストの問題もあるので、安全性については疑問視されています。関連記事はこちらから↓

 

www.stoicclub131.com

 

│水道水の塩素濃度が世界一

 

皆さんは在日米軍が日本の水道水を使用しないと言う話を聞かれたことはあるでしょうか?それはアメリカ軍部の上層部がその危険性を認識しており、部下に通達しているからだそうです。昨日の記事でもご紹介させて頂きましたが、日本の水道水に塩素が入っているのは周知の事実です。しかしながら、その危険性についてはほとんど認識されていないのではないでしょうか?ちなみに、アメリカの水道水にはフッ素が含まれていますが、こちらも猛毒なミネラルになります。日本でも一部の地域で虫歯予防と言う名目で水道水にフッ素を混入させようと目論んでいる様な自治体もあるようです。ちなみに、フッ素には虫歯の予防効果は一切ありませんので、虫歯になりたい方は頑張って市販の歯磨き粉*を使用して磨いてくださいね(笑)参考記事はこちら↓

 

www.stoicclub131.com

 

 

www.stoicclub131.com

 

│その他の不名誉な世界一

 

ここまで列挙してきましたが、日本という国にはまだまだ多くの不名誉な世界一がありますので簡単に紹介させて頂きます。

 

  • 国の借金が世界一
  • 子供の少なさが世界一
  • 食品添加物の種類が世界一
  • ペットの殺処分数が世界一
  • 放射能汚染が世界一
  • 若者の自殺率が世界一
  • 家事・育児をしない夫の数が世界一
  • 遺伝子組み換え食品の輸入、消費が世界一

 

と言う数々の世界一が並びました。ちなみに、1位ではないのですが気になるランキングを最後に紹介させて頂くと

 

 

外国人が働きたくない国で日本は堂々の第2位になっています。もう、海外の人達は日本がどういう国なのかわかっているんでしょうね。

 

 

はい、という訳で今回は、日本が誇る不名誉な世界一と言うことでお話をさせて頂きました。最後までご覧になって頂きありがとうございました。

 

 

【必見】シャワーヘッドを交換して塩素から身体を守ろう

 

みなさん、こんにちはヽ(´▽`)/

ストイッククラブのゴッティです。

 

皆さんのご自宅では浄水器を設置されていますか?水道水に含まれる有害なものの中では特に塩素などが代表的ですが、今回はその浄水器のうちのシャワーヘッドに設置するものの必要性について簡単にお話をさせて頂こうと思いますので、良かったら最後までご覧になってくださいね。関連記事はこちら↓

 

www.stoicclub131.com

 

 

f:id:gotty131:20191115003254j:plain

浄水器は必要なのか?

 

結論からお話をしておくと浄水器は設置しておくほうが健康的には良いとされています。決して高級なタイプのものではなくても良いので、2000~3000円程度で購入できる交換タイプの浄水器を設置することをオススメいたします。家庭であれば、飲料用の水道の蛇口とお風呂の蛇口、そしてシャワーヘッドに設置すると言ったものが主だったものでしょうか?

 

さて水道水から1番除去したいものとしては皆さんご存知の塩素が挙げられると思います。塩素は確かに有害で酸化を促進させるミネラルなので、老化や病気の原因に成りうるものなのですが水道水で飲む場合は、そこまで神経質にならなくてもいいのかなぁと最近になって思うようになってきました。ただ、実はこの飲み水として水道水から摂取する塩素よりも危険なものがあるのですが、それがシャワーやお風呂で経皮や粘膜から吸収される塩素なのです。

 

 

 

│気化した塩素は超危険

 

僕たちは日常的に当たり前の様にシャワーを浴びて身体を洗います。実はこの際にシャワーで浴びる塩素の人体への吸収率はコップ1杯で飲む場合の100倍程度上がってしまい非常に危険だという研究データーがあるのです。意外かと思われるかも知れませんが、塩素は水分として摂取する分には強い有害性はないとされているのですが、シャワーのように気化して皮膚や粘膜から入る塩素は猛烈な経皮毒になると言われているのです。

 

シャワーに限らず、お風呂も同じで気化した塩素が狭い浴室に充満してしまう為、同様に危険と言えます。では、具体的にどの様な浄水器で対策をしていけば良いのでしょうか?

 

 

│シャワーヘッドには浄水器

 

シャワーヘッドに浄水器を設置することは髪の毛や皮膚の健康の為には欠かせないと言えるでしょう。浄水器のタイプにビタミンCが入っているものがあるのでその様なものがオススメです。これは塩素がビタミンCと反応して、ビタミンCを酸化させて塩素を無害化してくれる特徴を利用したものになります。是非一度、インターネットで検索されて見てください。そしてお風呂の方にはシャワーヘッドでお湯を足す方法も1つなのですが、それだと時間を要してしまうので、普段通りにお湯を沸かす際に市販されている粉末のビタミンCを小さじ一杯程度湯船に入れるだけでも塩素を除去し肌に優しいお風呂にすることが出来ます。

 

はい、という訳で今回は簡単にシャワーヘッドについてのお話をさせて頂きました。

最後までご覧になって頂きありがとうございました。また次回の更新でお会いしましょう。

 

【警告】食べて応援はもうやめませんか?

 

みなさん、こんにちはヽ(´▽`)/

ストイッククラブのゴッティです。

 

今日は食べて応援するのはやめませんか?と言うテーマでお話をさせて頂こうと思います。この様な記事を書くと批判を受けてしまうかも知れませんが、覚悟の上でお話をさせて頂きます。2011年の東日本大震災が原因による津波の影響で福島第一原発から放射能が漏れ出すと言う事故が起きました。これにより、放射能に汚染された高濃度の汚染水が海に漏れたり、放射能で土壌が汚染されるというという深刻な問題が起き、その影響で僕たちの食卓に並ぶ食事にも放射能の危険性が迫っているとされています。

 

 

さて、そんな最中でよく被災地を救援する為に食べて応援をするキャンペーンと言うものが張られて、芸能人や有名人を利用し、被災した土地でできた食物を積極的に食べ安全性をアピールする様なことをやっています。もちろん被災地の復興は大事ですし、ボランティア精神で参加される芸能人の行動力には感服します。しかしながら、この食べて応援と言うキャンペーンには日本政府の隠れた意図があるとされているのです。

 

f:id:gotty131:20191114233958j:plain

│政府の狙い

 

チェルノブイリ原発事故の際に、時の政府がとった政策は【隔離政策】でした。つまり、放射能によって汚染された街を完全に遮断して、その場所から外部に放射能を漏れさせないようにしたと言う政策であり、原発事故が発生した場合には通常基本的に政府が執るべき政策だと言われています。しかしながら、日本という国はこれと逆の政策をしており、放射能で汚染された土壌や水を全国にバラまくと言う恐ろしいことをしています。これを【希釈政策】と言いますが、その目的とは一体なんなのでしょうか?

 

 

結論からお話をさせて頂くと、政府は放射能を全国に撒き散らすことによって東日本と西日本の国民の放射線被曝量を均等にしようと目論んでいると言われています。この被曝量が全国的に均一になると、政府にとって何が都合が良いかというと原発が原因の放射能被曝による健康被害を誤魔化すことができるという事です。

 

 

放射能が身体にとって良いか悪いかで言うと勿論悪いに決まっています。低線量被曝であれば健康に良いという論文もありますが、全く信じることが出来ない代物です。放射能の影響によって被災地に住む人々はこれからの将来必ず健康被害を受けるとされていますが、政府はそのことを百も承知です。そうなってくると福島の原発事故による健康被害に関する多額の損害賠償請求に対応する必要性が出てくるのですが、希釈政策によって東日本と西日本の放射線被曝量が同一レベルになってしまうと、将来的に被災地で発生する健康被害が福島の原発事故による放射能汚染が原因だと立証できなくなり、賠償金の支払いを免れることが出来るというカラクリになっています。

 

 

希釈制作には様々な方法があります、汚染された土壌を学校の校庭にバラまいたり、つい先日の話では大阪湾に汚染水を流すと言う話も出てきています。これも立派な希釈政策です。そして、今日のテーマ食べて応援も希釈政策の1つなのです。

 

 

│増える芸能人の病気

 

みなさんは2011年の震災以降、癌などの病で亡くなる芸能人が急激に増えた様に感じることはないでしょうか?実際に被災地にボランティアにいき、ガレキの撤去や炊き出し、そして被災地で生産された食品を食べて応援するイメージキャラクターとして積極的に放射能に汚染された可能性のある食べ物を口に入れる。ネットで検索をしてみると一目瞭然なのですが、2011年以降に癌などの病気になってしまった芸能人の方々は、この様なキャンペーンに参加している方が多いのです。実際に今現在でも闘病されている方もいらっやいますし、これからもどんどん放射能が原因の病気は増えていくと考えられます。

 

内部被曝を回避するためには、放射能で汚染されている可能性が高い食品を食べないことが1番の方法です。普段、買っているものがどこから来たものなのか、産地をしっかりと確認して汚染された食品から身を守る正しい知識をつけていかなければならいのです。食べて応援をするという行為は自殺行為に等しいと言えるでしょう。ちなみに放射能を身体から排出する方法については過去の記事を参考にされてみてくださいね。↓

 

www.stoicclub131.com

 

 

www.stoicclub131.com

 

 

はい、という訳で今回は食べて応援はやめませんか?と言うテーマでお話をさせて頂きました。また次回の更新でお会いしましょう。

 

 

【結論】食品添加物は悪なのか?

 

みなさん、こんにちはヽ(´▽`)/

ストイッククラブのゴッティです。

 

警告が出る様なブログにも拘らず、いつもアクセスをしてくださる皆様、本当にありがとうございます。警告が出ていて、初めてご覧になられる方は怖いと思われるかも知れませんが、比較的健全な内容を扱っていますので安心してご覧下さい(笑)

 

さて、ご存知の通りアンチに執拗に叩かれ、はてな様にも警戒されている様なブログですが、この度当ブログの読者様が700名様を突破致しました。また、さらに嬉しいことにツイッターのフォロワー様も7000人を突破してめでたい事が続いています。

アンチの皆様に叩かれることは辛いですが、悪いことばかりが続く訳でもなさそうですし、これからも頑張ってブログを書いていこうと思っています。

 

f:id:gotty131:20191113182924j:plain

│ブログで言及されたこと

 

比較的、ブログについて言及がある際はブログに対して肯定的な内容であるケースがほとんどなのですが、つい最近、とあるブロガーさんからの言及内容が少し否定的だったので個人的に印象に残りました。アンチの方に普段から叩かれていることに慣れているので、ショックを受けたとか傷ついたとかは一切なかったのですが、一点だけ気になる主張がありましたのでそれについてお話をさせて頂こうと思います。ちなみに言及を受けた記事はこちらの記事でした↓

 

www.stoicclub131.com

 

 

 

食品添加物は悪なのか?

 

その方のブログの内容を読むに、僕が食品添加物化学調味料、防腐剤や人工甘味料などを日常から否定していることについて、食品の安全性を保つ為に添加物は必要であると言う主旨だったと思います。なるほど、確かに。多少の添加物は防腐の観点から必要かも知れませんし、添加物によって食中毒を防げているのも事実でしょう。

 

しかしながら、添加物の問題はその存在の有無ではなく、その質と量の問題であることに気が付かないといけないのです。端的にお話させて頂くと、日本で認可されている添加物はほとんどのものがアウトで、欧米などで認可されている様な添加物はセーフと言えるでしょう。

 

 

例えば、日本における添加物の認可数はおよそ1500種類と言われています。これは圧倒的な世界一の数です。また、その表示義務の基準も非常に緩く、欧米では表記義務のある成分であっても日本では表記が不要であったり、加工してしまうと表記義務がなくなるものもあります。遺伝子組み換え食品などが例に挙げられますが、これも加工してしまえば遺伝子組み換えと言う表記義務がなくなる為、食品メーカーとしては非常に有利なシステムです。また、メーカーが行う自社製品の安全性についての検査は基本的に結果ありきのものなので、巧妙な検査によって短期的にはそのものに危険性がないことを証明出来たとしても、長い目で見た際の安全性については証明できていないのが現状です。

 

 

一方の欧米では食品添加物に対する市民の意識が非常に高く、消費者のレベルも高いので、食品メーカーはいたずらに変なものを販売しても消費者が買ってくれないことを知っています。その為、MSG FREE(グルタミン酸ナトリウム不使用)やNON GMO(遺伝子組み換え食品不使用)などどきちんと表記されていますし、危険なものはしっかりと表記されています。食品添加物に関しても30種類程度しか認可されたものはなく、どれもしっかりと安全性が立証されているものなのです。

 

 

 

 

│避けられない添加物

 

日本という食品添加物の無法地帯に住んでいる限りは、日々の生活からそれを100%避けるということは不可能であり、どんなに健康に気を遣っている人達でもある程度の食品添加物に関しては寛容にならざるを得ないのは事実です。また、現代人は間違った1日3食や病気は食べないと治らないなどの食品業界や医療業界によって捻じ曲げられた健康法でますます病気になりやすい体質になっています。

 

 

多く食べるということは、身体が消化ばかりにエネルギーを取られることになってしまい、代謝にエネルギーを使うことが出来ないので、粗悪な食品添加物が体外に排出されずに、いつまでも身体に残ってしまいます。つまり、現代人の食生活で摂る食品添加物は状況的に危険だと言うことです。過去のブログでもお話をさせて頂きましたが、身体にとって悪いとされる添加物等は、今日食べたからといって明日病気になるなどという即効性がある様なものではありませんが、蓄積されていけば徐々に身体を蝕んでいき、あなたを大きな病気に導くのです。

 

 

人生は太く短く、好きなものを好きなだけ食べて、どんな病気になっても後悔しないという方はどうぞご自由にされて下さい。逆に少しでも健康に長生きしてお子さんやお孫さんの成長した姿を見たい、夢を持っていつまでも生きていたいという方は危険な食品や添加物の様なものを極力避けて少食とデトックスを心がけていくと長生き出来ると僕は信じています。近々、食品添加物に関する記事を更新したいと思っていますので、是非ご期待下さい。デトックスの記事はこちら↓

 

www.stoicclub131.com

 

 

 

はい、というわけで今回は食品添加物は悪なのか?というテーマについてお話をさせて頂きました。最後までご覧になって頂きありがとうごじました。

 

次回の更新でお会いしましょうヽ(´▽`)/