ストイッククラブ

一般的な栄養学をベースに日々の生活の中で取り入れるべきものと避けていくべきものをブログにしています。

【男性必見】あなたの毎日を充実したものにするホルモンとは

 

みなさん、こんにちは( ´∀`)

 

ゴッティです( ・∇・)いつもブログを見ていただきありがとうございます。

 

今日のテーマは【男性ホルモン】です。

 

皆さんの抱く男性ホルモンのイメージと実際の男性ホルモンには多少の違いがあるかも知れないので、今日はその辺りをお話させていただきますね。

 

【男性ホルモンには良性と悪性のものがある】

 

過去の記事でもお話させていただいたのですが、男性ホルモンには良性のものと悪性のものがあります。

 

良性のものはテストステロンと呼ばれ、増加すると意欲の増加、筋肉がつきやすくなり体格がガッチリしてきたりして、僕達を男らしく若々しくしてくれるものです。いわゆるモテホルモンになります。

 

かたや、悪性の男性ホルモンはジヒドロテストロンと呼ばれて、抜け毛や薄毛、ヒゲが濃くなったり、太りやすい体質になり、意欲が低下し、うつ病の一因になるとも言われています。まさにいいとこ無しのホルモンで、こちらはおじさん化ホルモンと呼ぶこともできます。

 

男らしくハツラツと生きていく為に、僕達男性が高めていかないといけないホルモンは前者だと言うことは説明しなくてもおわかりになるとは思いますが、このテストステロンを高め、そして下げないようにする方法を知っておけば、あなたの体格や性格を男らしく変化させ人生ももっと楽しいものになると思います。

 

 

テストステロンを下げないようにするコツ

 

①糖質の過剰摂取をやめる

 

まずは、糖質の摂取を控えるようにしましょう。

糖質を摂取した時に血糖値を下げようとして分泌されるインスリンはテストステロンの量を下げる特徴があると言われています。

 

②日々の生活をストレスフリーにする

 

現代社会においては、難しいことかも知れませんが、、、。ストレスを溜め込むとコルチゾールが分泌され交感神経を刺激し、テストステロンの量を下げると言われています。あまり、物事を抱え込まずに気楽に考えていきましょう。

 

以上、2点がテストステロンを下げない様にする方法でした。ここからは、テストステロンを高める方法をご紹介します。

 

①運動

 

筋肉を鍛えればテストステロンは分泌されるので、筋トレを始めましょう。最初はちょっとずつでも大丈夫なので、コツコツと【貯筋】していきましょう。ちなみに、有酸素運動はダラダラやってしまう分に関しては、ストレスホルモンのコルチゾールが分泌されるので、逆にオススメできません。

 

②食事

 

 

などの含まれている食事を摂るように心がけましょう。

いずれもテストステロンの量を増加させるのに良いものと言われいます。

 

 

③睡眠

 

睡眠不足はテストステロンの量を下げてしまいます。寝る時間が多ければ多い程良いと言う訳ではないので、良質な睡眠。22時くらいには床につけるのが理想的です。

 

テストステロンを高める方法は以上3点です。

男性のみなさん、テストステロンを下げないようにしつつ、筋トレなどをして、日々肉体を磨いていけばテストステロンが増加し、男らしく若々しくなれると思います。

 

一生に頑張りましょうヽ(´▽`)/